読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳@個室

情報科学を学ぶ大学生。のはずが今はなぜか脱線し図書館にこもっている

【悲報】岡田斗司夫、フォースの力で逃げ切る

  渦中の人、岡田斗司夫ニコニコ生放送に戻ってきた。

あれだけのことがあったのである。「岡田さんがどんな生活してようと自由だろ」なんて言ってる場合ではない。岡田斗司夫の入院後にも様々な情報が流れた。やましいことがないのであれば、「学生には手を出していない」とかそういうことをちゃんと言って事実関係をはっきりさせておくべきであった。残り少ない岡田信徒でさえそれを期待していたのではないかと思う。"僕らの新しい道徳"とはなんだったのか。誰もが固唾をのんで放送が始まるのを見守っていた。

 

そして、伝説が始まった。

開始早々、氏はスターウォーズのレジュメがたまっていると楽しそうに語り、それ以降ほとんどスターウォーズの話だけでやり通したのである。誰も予期しなかったことである。この期に及んで、氏のスターウォーズに関する見解を知りたい人がどれほどいるのだろう?なるほど岡田斗司夫らしい話題ではある。しかし、聡い方ならば気づいたであろう、氏があの件をなかったことにしようとしていることに。いや、それは言い過ぎであろうか。しかし、すでにその件はすんでますんで!という態度を通そうとしたようにしか見えなかった。突然話題になった"スターウォーズ"という言葉はなんだかとても浮いていた。

 

あれだけネットユーザーや同業者、過去の被害者を呆れさせ、どん引きさせた氏が退院後にとった行動、それは評価経済における"岡田斗司夫"の価値が地に落ちる前の状態から改めて活動をスタートするということであった。これが俗にいう「オカダ時空」である。つまり、あの件が暴露される直前から世界は二つに分岐したのである。冗談だと思わないで欲しい。今回の放送で起きたのはそういうことなのだ。一方の世界では、氏と信徒が楽しそうにスターウォーズの話をしており、他方で氏のあり方を厳しく批判する人たちがいて、この二つの世界はまったく交わっていないかった。このことに対する合理的な説明は「オカダ時空」以外に思いつかないのである。彼はすでに暗黒面に落ちていた。

 

彼はこれからも「オカダ時空」で生きていくのだろうし、信徒のみなさまもそうなのだろう。そこでは氏は天才であり、何事にも「効いてない」という態度をとれるカリスマとして祭られるのだろう。しかし、わたしはその時空では生きていけない。わたしはもうひとつの、自分が正しいと思う時空で生きていく。そこには、

わたしの好きだった"岡田斗司夫"はもういない。

"遺言"を書いた"岡田斗司夫"はもういない。

ニコ生でおもしろい話をしてくれる"岡田斗司夫"はもういない。

「岡田さん、あなたは私の師同然だった。あなたを愛していた。あなたは選ばれしものだったのに」

 

 

英語できるオタクはYoutuberやってみれば?

劇場版Psycho-Passのtrailerが公開されてしばらくたった。

予想通りコメント欄が英語で埋め尽くされている。

映画の情報に対する彼らの飢餓感は半端ではないみたい。

 

Youtubeではアニメのレビューをやっている外人さんたちがいてForneverWorldとかChibi Reviews、Glass Reflectionなどが有名かなぁと思う。彼らは毎週やってるアニメのことを話題にして動画を作っていて、とても熱い語りで魅せてくれる人たちです。日本人の僕からすると驚くことばかり。今回のサイコパスの映画については、彼らはまだ動画内で触れていないとはず。多分、アメリカに住んでる日本人とか、日本に住んでる外国人の方が映画について何らかの情報発信を行っているのだと思う。しかし、彼らサイコパスファンが本当にほしいのは「今見てきた!感想言うぜ」みたいな動画なんじゃないかと。だから英語できるオタクってすごく需要あるんじゃないかと。

 

というわけで日本人オタが英語で熱く語ってるブログや動画があればけっこう人に見てもらえるんでねーか、という話でした。

だから僕は、Xができない。

僕はXに関心があって今ちょうど勉強している。独学というやつだ。

Xの標準的なテキストを買って、Xを実行できる環境を整えた。勉強の準備はokだ。はやく実践的なXの知識を身につけたい。どうやって勉強しようか。自分には基礎知識が不足しているから、テキストを最初からじっくり読むかな。

 

だめだ。ここ数日、基礎知識補強のためにテキストを読んでいるがいつも眠くなる。あの退屈なテキストの前に向かうことを考えただけで勉強する気がなくなってしまう。僕がやりたいのはもっと実践的なXのはずだ。どうしてこうなったんだ。テキストの内容をきちんと身につけないとスタート地点にも立てない。頑張ろう。

 

Xに興味があるというAさんと知り合った。彼女はXを学ぶために学校に通っているらしい。学校で何ができるというんだ。僕は自発的に勉強しているんだ。学校に行かないと勉強できない連中に負けるもんか。

 

Aさんの学校での生活について訊ねてみた。Xの授業の進みがはやいらしい。課題もたくさん出るそうだ。そんなにはやくやってどうするのだろう。基礎知識が完璧でない状態で問題を解いても意味ないだろう。Aさんは課題でわからない問題に出会うたびにテキストを開いて、問題に関連する項目を探しているようだ。アマゾンに侵入してから武器を探すようなものだ。きちんとした準備がなければいけないというのに。しょせんは学校だ。重要なのは場所じゃなくて学びたい気持ちのはずだ。学びたい気持ちさえあれば、きちんと基礎を習得できるさ。

 

AさんがもうXの知識を用いてなにか作ったらしい。不器用な出来だった。中途半端な知識でやるからだ。やっぱり学校にいって作らされてるだけなんだ。作ることが重要なんじゃない。それだけではXのプロになれない。プロになった人はきちんと基礎を固めたうえでやっているんだ。僕のやり方は間違ってない。

 

Aさんが、Xの技術で有名な会社に就職が決まったと連絡してきた。女だから笑顔をしこたま振りまいて面接に通ったのだろう。オフィスでのお茶汲みにXの知識を生かしてみるんだな(笑)。コンテストに入選して注目してもらえたのが良かったのかも、と彼女は語っていた。有名なコンテストとはいえしょせんは国内の話だ。あのコンテストなんてアメリカでは誰も知らない。そこで満足しているようでは程度が知れるよ。

 

僕は今、Xを勉強している。今日はテキストの8章をきちんと読むつもりだ。自発的にXのテキストを読むやつなんてそうそういない。僕はやれる。いつか実践的なXで活躍してみせる。だからそのために今日も基礎を固めるのだ。

代数と数論の基礎

サイモン・シンのノンフィクション「フェルマーの最終定理」はとても有名だと思う。僕はこの本を読んで以来、純粋数学だとか抽象代数学整数論といった分野に対してあこがれの気持ちを抱いている。

 

ただあこがれてはいるが、自分には関係のない話だと思っていた。だからそういった分野が暗号理論や物理学に応用されていると知ったときは興奮したし、もっと知りたいと思った。別に研究者になるわけでもないし、気楽な気持ちで独学することに決めた。

 

独学のために選んだのが「代数と数論の基礎」である。

この本は初等整数論→環論→群論という順序で話が進む。基礎とタイトルにあるように本書は高校生でも読み始めることができるように配慮されている。最初にこの本を手に取ってよかったと思う。この本の良いところは定理の証明が丁寧に書いてあるところだ。数学科向けの本は内容を詰め込みすぎていてキツいと思うのだが、この本はそんなことはなかった。証明を読んで書き写すことで概念に慣れ親しんでいく過程を僕は全力で楽しんでいた。

 

この本のおかげで今向かうべき道がなんとなく見えてきた気がする。今は「群と位相」「位相幾何学」のおべんきょーの真っ最中である。そのうち楕円曲線暗号の本なんかも読んでみたい。

 

アニメの再放送を見る

最初にブログに書くことがアニメの話ってどうなんだ

という気もするが、思いついたんだから仕方ない。

(ホントはプログラミングとか数学とかSFとか、そーゆー知的なことをですね……)

 

psycho-passという深夜アニメがある。2012年くらいに放送していて、当時ぼくは録画して見ていた。SFで刑事物でなんかOPがかっこよくて〜、とまぁおもしろい要素はたくさんあったアニメなのだが、そのときはそれほど楽しめなかった。

ところが、最近psycho-passの編集版の再放送を見て夢中になってしまった。

おもしろい!!WHY??

30分×22話を60分×11話に再構成したからか?確かにもともとドラマっぽいからこういう尺でちょうどよかったのかもしれない。

しかしそれだけなのか。

 

放送中の新作アニメの場合、うるさ型というのがネットにはいっぱいいるので、放送直後からその作品に関する情報が大量に流通する。ネットに普段から触れていれば、たとえ作品に対する情報を得ようと思っていなくとも、うるさ型の意見が自分の視界に入ってくる。もちろん「お前の環境はお前の情報リテラシ ーを反映したものにすぎない」と言われれば、そのとおりだと答える。しかしだからといって、そんな簡単に今までの自分の情報環境を変えられるものではない。  と思う。

 

そこで、再放送のすすめ!というわけである。

うるさ型というのは基本的に新しい情報が好きなので、再放送なんぞに興味はない。(断言していいのか)あっても優先度は低いはず。だからネットの感想を気にせずアニメを見ることに集中したいと思うのなら、再放送がいいぜ!(結論)

 

まぁ、なんというか、そういうことだと思うのです。