読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳@個室

情報科学を学ぶ大学生。のはずが今はなぜか脱線し図書館にこもっている

シン・ゴジラを愛し、君の名はを嫌うおじさんについて考える

ネットで映画の意見なんかを探してますと

シン・ゴジラ」はリアルで傑作だけど「君の名は」はディテールがだめでノリについていけない

みたいな意見を見かけます。正直な意見なんでしょう。私はどちらの作品も好きですが、食べ物に好き嫌いがあるのと同様に映画に好き嫌いがあるのは当然です。

ところでなぜこういう反応があるのでしょう?

 

色々考えてみましたが、結局映画を見るポイントが違うということに尽きると思うのですね。例えばシン・ゴジラは徹底したリアルだと言われるわけですが、そもそもあんな優秀でかっこいい官僚や政治家がいて、立派に日本の舵取りをしていること自体がファンタジーだと思うんですよ。でもそれに対しておじさんはつっこまないわけです。それはそうですよね、作品にとって重要なポイントではないんですから。

 

では君の名はについてはどうでしょう。SF設定に関しては色んな方からつっこまれていますね。じゃあそのツッコミポイントって作品にとって重要なんでしょうか?ファンは新海誠作品にしっかりとしたSF設定を期待しているのでしょうか?少なくとも私はまったくそんなことを期待していません。ピュアで切なくて超セカイ系な恋愛アニメを期待しているだけです。そしてその欲求は「君の名は」という作品でしっかりと満たされました。

 

私はシン・ゴジラは自信を失った日本のおじさんたちにファンタジーを見せる都合のいい映画だなんて言いません。そんなことはこの傑作映画にとってはどうでもいいことです。私は「君の名は」はSF考証や論理的整合性に欠けるクソ映画だなんて言いません。青春力MAXの少年少女たちには物理法則なんて関係ないのです。

 

ある意味当たり前の結論ですが、シン・ゴジラ万歳おじさんが「君の名は」に対して不満をもったことは、映画に期待しているポイントがずれているために発生した不幸な出来事にすぎません。もちろん映画に何を期待しようと、映画のどこに注目しようと見る者の勝手です。ですから誰が間違っているというもんでもないです。観客の数だけ感想がありますから。

ただ、私からすると変だなと思うようなポイントに注目されているおじさんたちが「君の名は」に対して不満をもつメカニズムは、とってもシンプルだよってことが言いたかったのです。