読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電脳@個室

情報科学を学ぶ大学生。のはずが今はなぜか脱線し図書館にこもっている

新海誠さんと韓国問題

「君の名は」でオタク以外にもメジャーな存在となった新海監督ですが、以下の記事が話題になっていましたので少し取り上げたいと思います。

woman.infoseek.co.jp

読んだ限りではとくに何も驚くようなことはおっしゃられていないのですが、いわゆる嫌韓の人たちがかなり怒っているようです。

おそらく、"さまざまな価値観を共有している"という言葉にネトウヨの先生たちが反応したのだと思いますが、これは実際に現地でアニメファンとの触れあいを通して実感したことを素直に言葉にしただけだと私は思うわけです。

もちろん宣伝で韓国に行っているわけですからヨイショする気持ちも当然あったと思います。しかし、現実として隣国なわけですから習慣や価値観が似ていても特に驚くにはあたらないと思うのですね。これは韓国が好きとか嫌いとかとは関係なく、現実にそうだと思うわけです。

 

私が疑問なのは、韓国どころか外国の人とまともに触れあったこともなさそうなまとめサイトの住民が、なぜ韓国やあるいは親韓の日本人を糾弾するのかということです。もちろん政治的には韓国とは揉めていますし、この件に関しては韓国側にも非があると私は思います。

ただ、韓国政府に反感をもったとしても、なぜ韓国人一般にまで攻撃の範囲を広げるのかがわかりません。しかも会ったことすらない、メディアを通して知っているにすぎない人たちを対象に。

実際に人と交流した新海監督の感想をなぜそこまで否定できるのか。新海監督は別に政治的なことに言及したわけではありません。それにも関わらず、なぜ「売国奴」「そっち側の人」「頭狂ったか?」と言われなければならないのか。なぜ過剰に境界を作るのか。私はこれが一種のアレルギー反応のように思えてなりません。(この例えが不快でしたらすみません)

 

例えば韓国で親日的な発言をすればそれなりの攻撃を受けることがあります。鬼畜日本人なんかに好意をもつとはけしからん!というわけです。かなり過剰で、私はこれがアレルギー反応だと思うのですが、これはまさに日本と韓国で共通して起こっていることです。

両者ともメディアで数千万人規模の相手のことを全て知ったような気になり、憎しみが増幅し、自分の思想に同調しないもとは全て敵とみなす。そのような事態のもとでは仮に相手に好意を持っていたとしてもそれを言葉にすることは大きなリスクとなります。今回の新海監督の件がまさにそうです。

ネトウヨの先生方があれだけ否定したのに、皮肉なことに彼らの過剰な反応こそがまさに双子のように似ており、

○○人は全て敵で悪! 同調しないやつも悪!

という共通の価値観をもっていることがわかります。

 

右のアレルギー反応に言及したので少し左のアレルギー反応も見ておきたいのですが、ロンドン映画祭に関するコメントで新海監督が「日本を美しいと思ってもらえたら、とても幸せ」と発言したことがありました。これも別に何も問題のない発言だと思うのですが、「新海はネトウヨ」「新海は日本会議」などと謂れのない反応が一部で吹き上がりました。

おそらく新海監督は日本の風景や文化の美しさを知ってほしいという気持ちで言ったのでしょう。この発言は誰かに対するヘイトではないですから、もちろん新海監督はネトウヨではありません。日本会議のwebサイトをみても名前が見当たらないので日本会議のメンバーでもないと思います。ですから完全にイデオロギーによるアレルギー反応です。

以上で述べてきたようなことはあまりに当たり前でわざわざ言葉にしないといけないことが悲しいのですが、私としてはこのような病にかかった人たち、妄執や憎悪に支配されて人たちに影響を受けずにまっとうにものを考える人たちが増えるしかないと考えます。

日本も韓国も健康になりますように。